【PR】本サイトはプロモーションが含まれています
PR

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの違いは2つ!機能の比較についても

季節(空調)家電

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)のPCF-SC15TPとPCF-SC15Tは、コンパクトなボディでパワフルな送風と、静音性の高さで人気があるサーキュレーターです。

こちらでは、PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの違いについて紹介しています。

どちらにしようか迷っている人の参考になれば嬉しいです♪
(※2023年6月時点の情報です)

▼効率的な空気循環で夏冬1年中使える♪アイリスオーヤマサーキュレーターアイPCF-SC15TP

▼コンパクトでパワフル送風♪アイリスオーヤマサーキュレーターアイPCF-SC15T

>>PCF-SC15Tについて詳しくはこちらの記事にまとめています

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの違いについて

PCF-SC15TP(2020年)とPCF-SC15T(2018年)の違いについて調べたところ、ふたつのモデルの違いは「本体価格」と「カラー」だけでした。

どちらもコンパクトなのにパワフル送風できるサーキュレーターで、適用畳数は18畳とリビングやワンルームなど広い部屋でも威力を発揮。

夏のエアコンの冷房効率を上げる使い方だけでなく、冬の暖房や春秋の換気、梅雨時の衣類乾燥と一年中活躍するコスパの良さが人気です。

また、両モデルに採用されている3D送風は、上下左右の首振り機能が自動。

なめらかで効率のいい首振りは、ずっと眺めていたくなりますよ♪

リズム風は自動で風量が強弱調整され、まるで自然の風のような心地よさ。

サーキュレーターとしての機能はまったく同じで、色展開と値段が違うだけなので、予算重視で家電も可愛いカラーが好き!という人はPCF-SC15TPを、ちょっと高くても家電をホワイトで揃えたいという人はPCF-SC15Tを選んでOKといえそうです。

2018年発売のPCF-SC15Tは型落ちですが人気があり、そこまで値段が下がっていません。

まだまだ現役で、Amazonでも常にサーキュレータートップ10にランクインするほどの人気製品です。

2020年発売の新型PCF-SC15TPの方が安く買えるショップが多いため、なるべく安いサーキュレーターが欲しいという人はPCF-SC15TPがぴったりです。

本文でもう少しくわしく紹介しますね♪

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの販売価格の違い

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの各サイトでの価格比較表です。

全ての価格は税込みです。

ショッピングサイト PCF-SC15TP(2020年) PCF-SC15T(2018年)
アイリスプラザ 6,280円 7,980円
Amazon 6,280円 7,280円
楽天市場 6,980円 6,980円
Yahoo!ショッピング 7,020円 7,150円
Qoo10 8,165円 8,052円

2023年6月時点の各サイトの最安値をまとめています。
(※値段はセールなどで変動しますので、最新の価格は各サイトを確認してみてくださいね)

ショップによって、またセールのタイミングによって値段は変わりますが、新型PCF-SC15TPの方が安く販売されているショップが多いようです。

PCF-SC15Tは型落ちとはいえまだまだ人気があるので、そこまで価格が下がらないのかもしれないですね。

サーキュレーターは1年中使える家電ですが、主に夏のエアコン対策でGW中頃から8月にかけて価格が上がってくる傾向です。

PCF-SC15Tは定価より下がってきていますが、梅雨~夏の今は2つともそこまで大きな差がありません。

全体的に、PCF-SC15TPの方が安く買えるといえそうです。

サーキュレーターとしての機能はどちらも変わらないので、少しでも安く手に入れたい時はPCF-SC15TP、ちょっと高くても人気がある方がいいという場合はPCF-SC15Tを選ぶと良さそうですね。

またPCF-SC15Tをもっと安く買いたい!という場合は、夏以降、サーキュレーター全体の値段が下がって来た時がおすすめかもしれません。

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tのカラーの違い

・PCF-SC15TPはピンク・イエロー・ブルーの3色展開。
・PCF-SC15Tは本体はホワイト/羽根カバー・操作部はブラック。

PCF-SC15TPはお部屋になじみやすい、柔らかい雰囲気の3色があります。

ピンク・ブルー(水色)・イエローととてもカラフル♪

女性や子供部屋など、ま~るいフォルムとパステルカラーがとってもかわいい雰囲気になりそうですよね。

家電をお部屋のアクセントにしたい!という人にもぴったりです。

PCF-SC15Tは、本体部分がホワイト、羽根カバーとボタン操作部がブラックの1色展開です。

パキっとした色が好きな人や、家電をモノトーンで揃えたい人、反対にカラーにはあまりこだわらないよ~という人にぴったりです。

ホワイト×ブラックは、どんな部屋にもなじむ定番のカラーですよね。

男女問わず使いやすい、清潔感のあるカラーといえます。

PCF-SC15TPもPCF-SC15Tも、アイリスオーヤマならではのスタイリッシュなデザインで、家電の見た目にもこだわりたい人、インテリア映えする家電を探している人にぴったりなサーキュレーターですね。

値段はどちらも大きくは変わらないので、好みのカラーがあるかどうかで選んでも良さそうです♪

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tのそのほかの基本スペック

2機種のそのほかのスペックをまとめています。

どちらも基本スペックは同じです。

スペック項目 詳細
商品サイズ(cm) 幅: 約21×奥行: 約21×高さ: 約29.0(電源コードは含まず)
商品重量 約2.0kg
電源電圧 AC100V
定格周波数 50/60Hz
定格消費電力 38/36W(上下・左右首振り時)
適用床面積(目安) 18畳
コード長さ 約1.4m
特徴 ACモーター、上下左右首振り、リモコン付

※適用床面積は目安です。室温などの環境や建物の構造によって異なります。

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tに共通している特長を表にしました。

特長 詳細
ハイパワー送風 ・サイズはコンパクトなままで、アイリスオーヤマ比風速20%UP
・ボール型フォルムで、風をより遠くに送ることができる
上下左右首振り機能 ・上下左右だけでなく、ランダムな3D送風も可能
使いやすい操作パネル ・上下左右首振り機能:左右→上下→上下左右の順に設定可能
・切タイマー:設定した時間後に運転が停止(1・2・4時間)
・風量:5段階(弱→強・ターボ)
・リズム風:風量を変化させて、自然な風を再現
リモコン付き ・大きなボタンで使いやすいデザイン
・全ての操作をリモコンで行えるので、離れた場所に置いても便利
静音設計 ・風量2でわずか35dB
・図書館よりも静か
羽根のお手入れがしやすい ・工具不要で前面のカバーを取り外すことができるので、お手入れが簡単

サーキュレーターのほかにも、梅雨時は部屋干しの洗濯ものに風を当てることで乾きが早くなる効果も。

夏や冬はエアコンの冷暖房効果を高め、春秋はお部屋の空気の入れ替えに。

1年中使えて機能の高いサーキュレーターとして、どちらも優れているんですね。

Amazonのサーキュレーターカテゴリでは、アイリスオーヤマがランキング上位を占めることが多いです。

どちらを選んでも間違いないサーキュレーターといえそうですね。

PCF-SC15TPはこんな人におすすめ

・家電もかわいい色を選びたい
・エアコンの電気代を抑えたい
・型式が新しい方がいい
・ちょっとでも安く購入したい!

PCF-SC15Tはこんな人におすすめ

・家電は機能重視で色にはこだわらない
・エアコンの電気代を抑えたい
・家電はちょっと古くてもOK
・ちょっと高くても人気がある方を選びたい

まとめ

PCF-SC15TPとPCF-SC15Tの違いは2つ。

値段の違い:
ほとんどのサイトでは新型PCF-SC15TPの方が少しだけ安いが、ショップによっては旧型PCF-SC15Tの方が安いことがある。(※2023年6月時点の値段です)

カラーの違い:
PCF-SC15TPはピンク、イエロー、ブルーの3色展開。
PCF-SC15Tは本体はホワイト/羽根カバー・操作部はブラック。

どちらもサーキュレーターとしての機能は同じ。

PCF-SC15TPは新型ですが、機能は旧型と同じです。
楽しいカラーが揃っていて、値段も安いので初めてサーキュレーターを買うという人にもおすすめです。

PCF-SC15Tは旧型ですが新型と機能が変わらないので人気です。

Amazonのサーキュレーターカテゴリで上位の実績があり、買って間違いのないサーキュレーターといえます。

個人的には白×黒のPCF-SC15Tが好きかなと思います。

最新機種かどうかはあまりこだわりがないので、部屋のインテリアになじみそうな色を優先しました。

ピンクやブルーも可愛いんですが、管理人の部屋だとちょっと浮いてしまうんですよね…(残念)

ダークブラウンやブラックがあるといいな~と思います。

>>PCF-SC15Tについて詳しくはこちらの記事にまとめています

▼効率的な空気循環で夏冬1年中使える♪アイリスオーヤマサーキュレーターアイPCF-SC15TP

▼コンパクトでパワフル送風♪アイリスオーヤマサーキュレーターアイPCF-SC15T

コメント

タイトルとURLをコピーしました