【PR】本サイトはプロモーションが含まれています
PR

ルーフェン(loofen)の口コミ評判をレビュー!デメリットについても

キッチン家電

ルーフェン(loofen)は、スタイリッシュでシンプルな形が特長的な、ボタン1つで生ごみをパリパリにしてくれる乾燥式生ごみ処理機です。

パワフルな乾燥能力と、ニオイを抑えるフィルター付きなところが高く評価されています。

こちらでは、ルーフェンの良い口コミとイマイチな口コミ、両方を紹介しています。

また、気になるデメリットについてもまとめました。

参考にしてもらえると嬉しいです♪
(※2023年6月時点の情報です)

▼ワンタッチでムラなく強力乾燥&生ごみ77%減でニオイ軽減♪ルーフェン乾燥式生ごみ処理機

ルーフェン(loofen)の口コミと評判

ルーフェンのレビューの中から、残念な口コミと「買って良かった!」の口コミ、両方をまとめています。

デメリットについても正直に紹介していきますね。

ルーフェンの残念な口コミやデメリット

まずは「買ったけどここがいまいちだった…」というデメリットをあげていきます。

生ごみがパリパリにならない

画像をタップで公式サイトに飛びます

「公式サイトにあるようなパリパリにはなりません。12時間ぐらい稼働させても”しっとり”という感じです」
「もっと高温でしっかり乾燥できると思っていたので、ちょっと期待外れでした。パリパリにするにはかなり時間がかかります」

など、実際には生ごみがパリパリにならない・なりにくいという口コミがありました。

公式サイトの動画のように乾いてパリパリにするには、思ったより長い時間がかかるようです。

乾燥式の生ごみ処理機は、温風で生ごみを乾燥させるしくみです。

よく比較される島産業の「パリパリキューブ」でも、1回の乾燥で約7時間~9時間、量が多いと12時間近くかかる場合があります。

>>島産業パリパリキューブの口コミについてはこちらの記事にまとめています

ルーフェンは、運転開始して8時間たつと自動で電源が切れるしくみになっているので、ごみの量や水分が多かったりすると、8時間ではパリパリにならず、しっとりしてしまうのかもしれないですね。

対策としては、
●水分をよく絞って投入する。
●生ごみの量を少な目にする(こまめに乾燥させる)
●水分の多い生ごみ(スイカやバナナの皮など)は細かくする

が挙げられていました。

ごみを溜めこまず、こまめに処理したり、よく水分を切って乾燥させると比較的短い時間でパリパリにできそうですね。

ニオイが出る

引用:ルーフェン公式サイト

「フィルターではニオイが取れなくて室内にこもってしまいます…」
「活性炭フィルターってそんなに優秀なの?って疑ってます」
「運転中に匂います」

など、ルーフェンの稼働中に出るニオイについてのマイナスな意見がありました。

ルーフェンには2本の活性炭フィルターが付いていて、ごみを乾燥させる時に外に排出されるニオイを脱臭してくれるしくみです。

ただ、乾燥式の生ごみ処理機はもともと脱臭機能がそこまで高くないものが多く、「まったくニオイが出ない」というわけではありません。

処理に高い熱が加わって焦げたニオイになってしまったり、生ごみの水分が十分に取り除けなかったりするときにニオイが漏れてしまうことがあるようです。

これも対策としては、
●魚や肉などニオイの強いものの処理は注意する
●乾燥時間を長めにする
●運転中は換気扇を回す
●お茶・コーヒー・紅茶の出がらしをいっしょに処理する
●処理が終わったごみはすぐに取り出す

が挙げられていました。

ニオイに敏感な人は気になってしまうかもしれませんが、ほとんどの人は「ニオイもそこまで気になりません」「臭わないです」と評価していました。

フィルターが高い

ネガティブな口コミでいちばん多かったのが、「フィルターが高い」「ランニングコストがかかる」というデメリットでした。

ルーフェンは、定期的なフィルター交換が必要な生ごみ処理機です。

交換のめやすは、使用頻度や処理内容によって変わりますが、3ヶ月~6ヶ月ほど。

フィルターカートリッジは、2本セットで5,000円ぐらいです。

半年に一度交換すると、1年に1万円ほどのコストがかかります。

また、電気代もかかってしまうのが乾燥式生ごみ処理機のデメリット。

ルーフェンの1日(処理1回分)の電気代は、およそ20円〜40円。

一か月毎日使うと約600円〜1,200円ぐらいです。

こちらも1年で、7,200円から14,400円ほどのコストがかかります。

本体価格も高めなのに、追加で費用がかかると、ちょっと考えてしまいますよね。
(※電気代は最大処理容量×標準モードで処理した場合のめやすです。使用環境や家庭の電力料金により異なりますので、参考程度のめやすとしてください)

ただ、これも生ごみの処理に使うビニール袋や消臭スプレーなどが削減できるメリットがあります。

ごみ袋が有料の自治体では、その分のコストがなくなりますよね。

またニオイやコバエに悩まされないという、ストレス軽減にもつながります。

コストの高さよりストレスからの解放優先という口コミもたくさんありました。

意外とサイズが大きい

引用:ルーフェン公式サイト

おしゃれでコンパクトなルーフェンですが、実際にキッチンに置いてみると「デカいw」「思ったより奥行きがあります」という意見がありました。

ルーフェンのサイズは、フィルターなしだと幅:27cm×奥行: 27.5cm×高さ: 35.0cmです。

公式サイトの写真では立方体のコンパクトなサイズに見えますが、実際に運転する時は脱臭フィルターを付けるので、奥行きがUPしてしまうんですね。

フィルター付きサイズ→幅:27cm×奥行: 38.0cm×高さ: 35.0cm

奥行きが40cm近くになってしまうので、キッチンに置くと「圧迫感がある」「結局床置きになりました」という人も。

一人暮らし向けというよりは、ファミリーサイズを想定したサイズかもしれないですね。

対策としては
●バスケットだけをキッチンに置いて、本体は別の部屋や廊下に置く
という口コミがありました。

キッチンにバスケットだけを置いておいて、生ごみを入れ終わってから本体にセットすればOKです。

実際に使用している人からは、「そんなに手間じゃない」という声がありました。

ルーフェンの良い口コミやメリット

「ごみ箱感覚でポイポイ捨てられてお手入れも簡単♪」「温度やタイマーセットなし!ワンタッチで乾燥・除菌・脱臭まで全部おまかせ♡」「ごみの量をAIが判断して電力調整してくれるから省エネ♪」と支持されているルーフェン

「買って良かった!」の口コミがたくさん挙げられていました。

ピックアップして紹介しますね♪

生ごみ処理がボタン1つで簡単に

引用:ルーフェン公式サイト
「調理しながら生ごみを入れるだけで処理してくれます」
「ボタン1つでニオわず、汚れず、パッと乾燥させられるのでほんとにラクです」
「コバエとニオイに悩まされることもなく、ゴミの量と重さも軽くなりました♪」

など、ルーフェンの操作が分かりやすいところに高い評価が集まっていました。

乾燥能力としては他メーカーとそこまで大きく違わないのですが、ルーフェンのメリットは「ボタン1つでOK」なところ。

生ごみを入れた後、ボタンを1回押すだけで後は自動的にルーフェンがパワーを調整するので、面倒な操作はいっさい必要ありません。

便利な家電を買っても、使い方が複雑だったり分かりにくかったりすると、だんだん使わなくなってしまいますよね…。

ルーフェンは、子どもでも簡単に操作できる使いやすさが最大のメリット。

「面倒くさがりの私に合ってました」「機械がニガテだけど直観的に使えるので助かってます」というポジティブな口コミがたくさんありました。

生ごみを追加投入できる

「生ごみを途中でも入れられます」
「運転中でも扉を開けて追加投入できるのが地味に便利です」

という口コミがありました。

ルーフェンは、スイッチを入れた後でも追加して生ごみを入れられる仕様です。

「あ、これも入れておけば良かった…」「これ入れ忘れてた…」ということ、ありますよね。

そんな時も扉を開けて、ポイッとごみを入れられるのがとても便利です。

生ごみが残るというストレスから解放されるのがいちばんのメリットかもしれないですね。

助成金制度が利用できる

ショップ 価格
公式サイト 74,800円
Amazon 49,922円~
楽天市場 64,680円
ヤフーショッピング 67,914円

※脱臭フィルター×2・バスケットカバーサンプル5枚つき

各サイトの最安値をまとめました。(※2023年6月時点の価格です)

すべての値段は税込です。
(※値段はセールなどで変動しますので、最新の価格は各サイトを確認してみてくださいね)

パリパリキューブなどに比べると、ちょっと高めのルーフェンですが、自治体によっては助成金制度が利用できる生ごみ処理機です。

ルーフェンの助成金の金額は、住んでいる自治体によって変わります。

上限金額が20,000円~30,000円の場合が多く、ルーフェンの価格帯にはぴったりですね。

50,000円~68,000円するルーフェンですが、20,000円の助成金が出るならぐっと購入のハードルが下がりますよね。

助成金の金額はルーフェンの公式サイトで確認してみてくださいね。

>>loofen(ルーフェン)公式サイトはこちら

デザインがおしゃれ

引用:ルーフェン公式サイト

「デザインがとてもスタイリッシュで、言われなければ生ごみ処理機とは思わないようなかっこいいデザインです♪」
「キッチンに溶け込んでくれるシンプルなデザイン」
「おしゃれでカラーも色々あって、生ごみ処理機とは思えません」

など、ルーフェンのデザインについて良い口コミがたくさんありました。

いかにもごみ処理機!な見た目じゃなく、シンプルでスタイリッシュなデザインは世界中で高く評価されています。

累計出荷台数はなんと120万台!

ルーフェンのおしゃれなデザインは、機能の高さだけでなく見た目にもこだわりたい人にぴったりですね。

サイズは少し大きめですが、購入前に設置する場所を決めておくと良さそうですね。

意外と長持ちする

ルーフェンに限らずですが、熱を出す家電は構造上比較的寿命が短めと言われています。

でも10年以上長持ちしたという口コミがあるので、使い方をしっかり守れば長く役立ってくれそうですね。

10年以上使えれば、本体価格の高さも帳消しになりそうです。

そのほかの良い口コミを紹介します。

「韓国製が心配という人もいるけど、韓国では家庭で生ごみ処理機を使うのが一般的。広く普及してるので、ノウハウがあって安心できる」
「生ごみを混ぜながら乾燥しないので運転音が静かだし、中が汚れてもお手入れしやすいです」
「生ごみ処理機をはじめて買う人におすすめできる、使いやすい処理機です」

など、ポジティブな意見が多くありました。

loofen(ルーフェン)お得に買う方法

公式ストアなら35%OFF!

現在、ルーフェンは楽天市場でも手に入りますが、価格は税込64,000~円です。

公式ストアでは74,800円ですが、なんと1万円Offのクーポンが付いてきます!

このクーポンを利用すれば、35%割引で購入することができます。

さらに公式LINEに登録で、13,000円分のクーポンがもらえます。
(いつまでもらえるかはわかりませんので、公式ストアで確認してくださいね)

なお、楽天ではこのクーポンは提供されていません。

実際には、助成金と合わせると半額以下の価格で手に入る場合もあるんですよ!

まとめ

乾燥式生ごみ処理機ルーフェンの残念な口コミや良い口コミを紹介してきましたが、トータルでは「フィルターが高い」「サイズが大きい」などの点は気にならないという人が多く、ほとんどの人から「ボタン1つで操作が簡単」「生ごみを追加投入できて便利♪」「助成金制度で安く買える!」と高く評価されています。

おしゃれで高機能な生ごみ処理機を探している人や、はじめて生ごみ処理機を買うという人にぴったりの、使いやすくて機能に優れた生ごみ処理機といえそうです。

▼ワンタッチでムラなく強力乾燥&生ごみ77%減でニオイ軽減♪ルーフェン乾燥式生ごみ処理機

コメント

タイトルとURLをコピーしました