【PR】本サイトはプロモーションが含まれています

トリアの4Xとプレシジョンの違いは5つ!どっちがおすすめ?

美容家電

トリア脱毛器シリーズの4Xとプレシジョンは、美容クリニックなどで使われているダイオードレーザー技術を家庭用に応用。

家庭用脱毛器でただひとつレーザー脱毛ケアができる、人気の製品です。

こちらでは、トリア4Xとプレシジョンの違いについて紹介しています。

どちらにしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです♪
(※2023年5月時点の情報です)

▼一番人気のトリア4X♪腕・脚・おなかまわりなど広い範囲の脱毛ケアに便利♪

▼コンパクトサイズで軽いトリアプレシジョン♪指先など細かい場所に最適♪

トリアの4Xとプレシジョンの違いは5つ

トリア脱毛器4Xとプレシジョンの違いについてまとめています。

2機種の違いを調べたところ、大きな違いは5つ。

・大きさ・重さ
・照射パワーのレベル段階
・連続使用時間
・表示ディスプレイの有無
・ショップで売っている値段

でした。

また小さな2つの違いとして、「照射パワーの違い」「カラーの違い」があります。

どちらの機種も医療脱毛と同じレーザー方式で、濃く太い毛にも効果が高い優れた家庭用脱毛器です。

男性のひげにも対応できるハイパワーがいちばんの特徴で、おうちで簡単に脱毛ケアできるのがメリット。

サロンに通うよりコスパがいいのも共通しています。

トリア4Xは照射パワーがプレシジョンに比べてやや強く、連続で使える時間も30分と長いので、全身脱毛ケアをしたいという人や、ハイパワーで効果を早く実感したいという人、痛みが心配で細かくレベル調整したいという人に向いています。

トリアプレシジョンは4Xに比べてコンパクトなサイズ感がいちばんの特徴。

指や口周り、Vラインなど細かい部位をケアするのに最適な超スリム設計で、ワキ・ひげなどピンポイントで脱毛したいという人や、コンパクトで取り回ししやすい脱毛器がいいという人、予算重視でなるべく安く手に入れたいという人にぴったりなアイテムといえそうです。

次の項目でくわしく紹介していきますね。

4Xは大きく重い・プレシジョンはコンパクトで軽い

トリア4Xとトリアプレシジョンの違いを表にまとめました。

項目 トリア4X トリアプレシジョン
サイズ 23cm×8cm×12cm 17cm×3.8cm×4cm
重量 約584g 約200g
対応部位 全身 全身

トリア4Xはトリアプレシジョンよりも大きく、幅、高さ、奥行の全ての面で大きなサイズを持っています。

また、トリア4Xは約584gの重さがあり、トリアプレシジョンよりも重いです。

これらの違いにより、トリア4Xはより大きな範囲の処理に適している場合があります。

一方、トリアプレシジョンはよりコンパクトで軽量であり、持ち運びや使用の際の操作性に優れているかもしれません。

4Xはプレシジョンに比べて大きく、2倍近く重くなっています。

といっても、大風量ドライヤーなどの大型美容家電に比べると、そこまで大きいというわけではありません。

また照射口はプレシジョンと同じ「直径約1cm」なので、細かいところが打ちにくいということもなく、使いやすいという口コミが多いみたいです。

プレシジョンは4Xの半分ほどの大きさで軽く、スリムで持ちやすいデザインです。

長く使っていても疲れにくいのがメリット。

Vラインやワキなどが打ちやすく、小回りがきいて手軽に脱毛ケアできる点がいいという口コミがありました。

重さが約200gで、500mLサイズのペットボトルの半分ぐらいなのもいいですよね。

照射パワーのレベル段階

・トリア4Xは5段階に調整できる
・トリアプレシジョンは3段階に調整できる

4Xはレーザーの照射レベルを5段階、プレシジョンは3段階に調整することができます。

4Xの方が、5段階と細かく調整できるのがメリット。

トリアのデメリットとして「痛みが強い」点がありますが、4Xは痛みを感じないように、レベルを細かく設定することができます。

電源ボタンが出力調整ボタンにもなっているので、操作もとても簡単です。

連続使用時間の違い

・4Xの連続使用時間は最大出力で約30分
・プレシジョンの連続使用時間は最大出力で約15分

4Xの方が、続けて使える時間が約2倍も長くなっています。

腕や脚など広い範囲をケアしたい時、じっくり時間をかけてケアしたい時には4Xの方が向いているかもしれませんね。

また充電池の残量も、4Xはディスプレイに表示されるので便利という口コミがありました。

4Xもプレシジョンも、満充電するのに約2時間くらいかかると言われています。

2時間充電しても15分ほどしか使えないと、ちょっと不便ですね。

4Xの方がそんなイライラは少ないかもしれないですね。

表示ディスプレイの有無

・4Xには表示ディスプレイがある
・プレシジョンには表示ディスプレイがない

4Xの表示ディスプレイは「出力レベル・充電池残量・照射カウンター(照射回数)」が分かりやすく表示されます。

プレシジョンにはディスプレイがついていないので、電池残量や照射回数が分からないというデメリットがあります。(出力レベルは本体のランプで分かるようになっています)

「地味に嬉しい機能として、照射回数が分かること」という口コミもありました。

左右の腕や足を照射する時など、参考になりますよね。

ショップで売っている値段の違い

ショップ トリア4X トリアプレシジョン
公式サイト 49,800円(税込) 39,800円(税込)
Amazon ――円(税込) 30,680円(税込)※USED品(税込)
楽天市場 49,800円(税込) 39,800円(税込)
ヤフーショッピング 49,800円(税込) 39,800円(税込)

2023年5月時点の各サイトの最安値をまとめました。
(※値段はセールなどで変動しますので、最新の価格は各サイトを確認してみてくださいね)

公式サイトでは、4Xの方が10,000円ほど安くなっています。

Amazonでは4Xは現在見当たらず、プレシジョンはアマプレで中古品のみ取扱いがあるようです(正規品ではない可能性がありますので十分ご注意ください)。

そのほかのショップでもほとんど値引きがされておらず、公式サイトと同じくらいの値段で販売されているみたいです。

口コミでは、各ECサイトのセールやポイントアップキャンペーンの時に買うという声が多く上がっていました。

トリア脱毛器はそれなりのお値段がするので、セール時に買えると嬉しいですよね♪

そのほかの4Xとプレシジョンの違い

大きな違いの5つのほかの、小さな違いをまとめました。

照射パワーの違い

・トリア4Xの照射パワーは最大22ジュール(1㎠あたり)
・プレシジョンの照射パワーは最大20ジュール(1㎠あたり)

4Xのレーザー照射パワーは22J/㎠なのに対して、プレシジョンは20J/㎠です。

といってもほんの少しの差ですね。

4Xの方がデータ上はパワーが強いといえますが、体感的にはそこまで差がないのではないでしょうか?

「できるだけハイパワーでケアしたい」という人は4Xの方が向いているといえそうです。

カラーバリエーションの違い

・4Xはグリーン・フューシャ(ピンク)・グレーの3色展開
・プレシジョンはホワイトの1色のみ

機能とはあまり関係ありませんが、美容機器の色にもこだわりたいという人は4Xの方がカラーが豊富なのでおすすめです。

また4Xのグレーは人気色で、公式サイトだけで販売されています。
(2023年5月現在では在庫なしになっています)

プレシジョンはホワイトのみですが、清潔感があり男女問わず使いやすいカラーなので、こちらも人気のようです。

トリア脱毛器4Xはこんな人におすすめ

●強力パワーで効果を早く実感したい!
●パワー調整がきめ細かくできる方がいい
●全身脱毛で広い範囲をケアしたい
●電池残量や照射回数を見て確認したい
●値段は高くてもOK

トリアプレシジョンはこんな人におすすめ

●予算重視・できるだけ安い方がいい!
●ワキやひげ、Vラインなど小回りのきくサイズでていねいにケアしたい
●パワー調整は3段階できればOK
●コンパクトで軽い脱毛器が欲しい
●広い範囲の脱毛は終わっていて残っているところだけケアしたい

トリア4Xとプレシジョンのスペック

以下は、2つのスペックを表形式で示したものです。

トリア4X トリアプレシジョン
23cm 3.8cm
高さ 8cm 4.0cm
奥行 12cm 17.0cm
重さ 約584g 約200g
レーザークラス ダイオードレーザー・クラス1 ダイオードレーザー・クラス1
出力波長 810nm 810nm
出力フルエンス 7-22J/㎠ 7-20J/㎠
ACアダプタ入力 100-240V/50-60Hz・37VA 100-240V/50-60Hz、0.15A
ACアダプタ出力 5.0V、DC3.0A/2.3A 5.0V、DC1.0A
内蔵電池 リチウムイオン電池 ――
充電可能回数 約500回 ――
パワー 最大22J/㎠ 最大20J/㎠
パワー調整 レベル5段階 レベル3段階
連続使用時間 約30分 約15分
ディスプレイ表示 照射回数・電池残量・照射レベル なし
照射面積 直径1㎠ 直径1㎠
原産国 タイ タイ
パッケージ内容 製品本体 / 充電専用アダプター / 取扱説明書 製品本体 / 充電専用アダプター / 取扱説明

大きさなどが明らかに違うので、重さなど違う箇所も多いですね。

まとめ

トリア4Xとプレシジョンの大きな違いは5つでした。

①4Xは大きくて重い・プレシジョンはコンパクトで軽い

②4Xは照射パワーを5段階に調整できる
プレシジョンは照射パワーを3段階に調整できる

③4Xの連続使用時間は最大出力で約30分
プレシジョンの連続使用時間は最大出力で約15分

④4Xには表示ディスプレイがある
プレシジョンには表示ディスプレイがない

⑤プレシジョンの方が10,000円ほど安く販売されている

そのほかの小さな違いとしては、
「トリア4Xの照射パワーは最大22ジュール(1㎠あたり)
プレシジョンの照射パワーは最大20ジュール(1㎠あたり)」
「4Xはグリーン・フューシャ(ピンク)・グレーの3色展開、プレシジョンはホワイトの1色のみ」

トリア4Xは照射パワーが強力で打つスピードもプレシジョンに比べて速く、照射レベルを5段階から選べるので痛みに対応しやすいところ、連続して打てる時間が長いところ、ディスプレイで電池の残量や照射回数が確認できるところがとても使い勝手が良い製品です。

脱毛ケアの効果を早く実感したいという人や、腕や脚など広範囲のケアもしたいという人におすすめです。

トリアプレシジョンはコンパクトなデザインで指や口周り、Vラインなど細かい部位をていねいにケアするのに最適なサイズ感です。

軽く取り回しのしやすい脱毛器が欲しいという人、値段と機能のバランスのいい脱毛器がいいという人にぴったりです。

個人的にはトリアは痛みが強いのでw、5段階で細かく調整できる4Xが良さそうかな~と思ってます。
(実際持ってるのも4Xなので・・・)

自分に合った強さで打てるのって大事ですよね。

あとプレシジョンは連続で15分しか打てないのは、地味にストレスになりそう…。
サイズ感は良さそうなんですけどね…。

といっても、どちらも本格的に薄着の季節になる前に活躍してくれそうですね♪

▼一番人気のトリア4X♪腕・脚・おなかまわりなど広い範囲の脱毛ケアに便利♪

▼コンパクトサイズで軽いトリアプレシジョン♪指先など細かい場所に最適♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました